離婚したくないあなたへ
あなたの幸せのため、妻として女として生きるベストな道を!
あなたの気持ち

PMSよりひどいPMDDって?夫が離婚したくなるほどの症状をどうする?

Pocket

PMSは聞いたことがあっても、PMDDは知らない、という方も多いはず。

このPMDD(月経前不快気分障害)は日本での認知度がまだ低く、治療にきちんと対応してくださるクリニックも少ないのが現状、当然周囲にも理解を得られず、離婚に至るケースもまれではありません。

妻が望んでいないのに、自分を何日かコントロールできないばかりに望まない離婚話に発展するなんて。

あなたに思い当たることがあるならば、すぐに症状緩和のためにできることを始めましょう。必ず症状は治まります。それを信じて望む未来を手にしていきましょう。

 

PMDDとは?

PMSとPMDDの違い

PMDDとは日本語だと「月経前不快気分障害」というなんともわかりにくい病名がついています。

これは月経つまり生理のある女性の1-8%に起こる月経前にのみ表れる精神疾患です。

医療先進国のアメリカでは1993年ごろから精神医学会で取り上げられるようになり、
2013年に正式に精神疾患として認められました。

つまり、認めれたばかりの疾患なので、まだまだ治験や研究成果が少なく、治療方法が非常に限られている疾患です。

 

日本において心療内科や精神科でうつ病の薬、婦人科ではピルや漢方、抗不安薬が主に処方されます。これらの副作用を嫌って飲まない方や、関連性を感じないとして服用しない方もいます。
症状はPMS(月経前症候群)に伴う精神症状のイライラやうつ、無気力などと酷似。
 
でも似ていますが、PMSは月経に伴う不定愁訴であって病気ではなく、PMDDは精神疾患として認められたれっきとした病気です。放っておけば治るものとは言い難いのです。
 
 
 

自殺まで考えるほどのPMDDの症状

生理前は多少なりとも体調や精神面がいつもと違ってしまう女性は多いもの。本人の自覚があるかどうかはさておき、食欲が落ちたりだるかったり、何となくイライラしてたり腹痛があったり。このくらいなら生理前だし、とやり過ごすこともできるレベルですね。

でも、自殺したくなるほど気持ちが落ち込んだり、相手を傷つけても止められないほどの暴言を吐いたり、手あたり次第当たり散らしたり、となると放っておくわけにはいかないと思いませんか?

 

本人もコントロールできなくても覚えているので辛い、あの時の私は私であって私じゃない、でも止められない。子供や夫に攻撃の矛先が向くこともある。

そんな妻の姿を見て「離婚」の二文字が夫の胸をよぎる。

それが、生理が来たとたん、けろっといつもの妻に戻るので「二重人格なのか?」と思うほど。

その変貌ぶりに「振り回わされるのに疲れた」という夫に、実は一番理解してほしいと思っている妻。

精神的に不安定な状態は月経が始まると落ち着くため、我に返ってから、「なぜあんなことを言ってしまったのだろう」「どうしてあんなことをしてしまったのだろう」と後悔や自責の念にかられて、抑うつ感がさらに増すことも。

そして、うつ状態が悪化すると、自己卑下や自己否定から自殺企図、自傷行為など命に関わる行為に及ぶこともあるので、PMDDは決して軽視してはならないのです。

 

参考記事:旦那から離婚宣告を切り出されたら?あなたが返すべき言葉はこれ!

 

PMDDと知らずに放っておくと…!

PMDDは人格を変えるほど強力で、家族や恋人など大切な人との関係を破壊してしまいます。
 
そして根本的な解決法が見いだせず、毎月同じ症状がやってくる不安に常に付きまとわれる病気です。
生理の前だから仕方ないとはいえ、周囲からはただのわがままではないかと思われ、身近な家族や友人にさえ理解されないままです。
 
本人も自分が悪い、自分の性格のせいだと、責め続けてさらに症状が悪化することも。

 
些細なきっかけで、自分でもコントロールできないくらいに相手のことが憎くてしょうがなくなり、大声を出したり相手をののしったりしてしまいます。
 
それでも気が済まずに床を蹴り、壁を叩き、頭を掻きむしり、物を投げ、家具や家電を壊し、手あたり次第破壊行為に及ぶ。
 
そしてこういった行為は家族や恋人など、身近な人に向けられるというのも特徴です。

本来、一番の理解者で、一番の味方でいてほしい大切なひとに怒りをぶつけてしまい、
関係が破たんしていく。

唯一甘えられる存在、自分をさらけ出せる愛する存在、そんな人をコントロールできない怒りで傷つけてしまう。

 
 

理解し治療に取り組めば

PMSやPMDDに初めて触れる男性は理解に苦しみ、別れを意識するのは致し方ない面もあります。
当の本人も生理が原因で自分がコントロールできない一種の錯乱状態になっているとは、関連付けて考えられない人も多い。

でも、言ったことや、やったことを、本人は覚えているのです。決して単なる錯乱状態ではない。

 
覚えていてつらい、そしてまた次の月がやってくる。
 
これらはきちんと栄養をとり・自律神経をヨガや運動などで整え、ストレスをなるべく少なくするように日常生活を整えていくことでかなり改善されます。
 
生理用品もノンポリマー対応や布ナプキンに切り替えて、体を冷やさない工夫も大切です。生理用品を切り替えただけで体調がよくなった方もいるほどですので、ぜひご検討を!
 

今なら30日間安心保障サービス付きでお求めになれますよ

 
そして身近な人の理解と応援、サポートが何よりの薬でもあるのです。
 
 

まとめ

女性にしかわからない生理痛、PMS,PMDDとどれもまったく同じではないけれど、本人も周囲も大変な思いをすることがあるものです。

あまりにいつもと違う様子を感じたら、病院へ行くことを考えましょう。そこですぐに治るわけではなく、時間がかかる可能性はあるのですが、一歩を踏み出すことが大事です。

お互いを大切に思って夫婦となった日のことを思い出して、どうか相手の不調に目をつぶらずに治す道を模索してほしいと思います。

妻が錯乱状態で「別れたい」と言ったのは本心からではありません。それを真に受けて「離婚しよう」とは思わないでくださいね。

二人で解決できる日を信じて…!

 

(よろしければランキングへの応援よろしくお願いいたします!)

<ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング






お問い合わせ

 
Pocket

ABOUT ME
アバター
マダムS
結婚して10数年、いろいろなことがありました。結婚生活って大変なことがあるものなのだと実感しています。 そして、別居や離婚した友人も一人や二人ではありません。交友関係の広さから相談に乗ること多数。夫婦の在り方に自分自身も思うことあり、です。 結婚生活はおとぎの国のものではなく、夫婦双方の努力が絶対に必要。 何を選択しどう生きていくのか、幅広い人脈から得たことも含め女性の多様な生き方を応援していきたいと思っています。 女性の笑顔は世の宝! 一人でも多くの女性が笑顔でいられるよう、励まし続けていきます!