離婚したくないあなたへ
あなたの幸せのため、妻として女として生きるベストな道を!
あなたの気持ち

性格の不一致が理由?絶対離婚したくない妻の行動指針を教えます!

Pocket

性格の不一致を理由とした離婚、

実はとても多いって知っていますか?

 

なんと言っても、実は離婚原因の第一位なのです。

でも、性格の不一致って具体的には何を指しているのかわかりにくいですよね。

 

夫婦であっても性格が全く一致することがあり得ないことくらい

簡単に想像がつきますしね。

 

それでも離婚原因の第一位となるわけですから、

性格の不一致を理由に離婚話をしているご夫婦は相当数いるということになります。

 

この性格の不一致は裁判に持ち込む離婚事由には該当しないため、

(参考記事:性格の不一致で離婚?離婚したくないのに離婚を切り出された妻へ)

夫婦の話し合いによっての離婚事由です。

 

つまり、離婚を切り出された側の対応によっては

離婚に至らずに済む可能性があると言えるのです。

 

夫に離婚を切り出されて、別れたくないのにどうしようと思っているあなた!

ご主人の別れたい理由が「性格の不一致」ならば、

手の打ちようがあるかもしれませんよ!

 

参考記事:旦那から離婚宣告を切り出されたら?あなたが返すべき言葉はこれ!

 

性格の不一致の真の意味

よくよく考えてみると、

「性格の不一致」が夫婦の間で生じてくるのはごくごく当たり前なこと

と言えます。

 

新婚当時は相手の欠点や癖なども大して気にならず、

これから先ずっと円満な結婚生活が続くと思っていたことでしょう。

 

それが、いつしか相手の欠点や癖が不愉快に感じるようになり、

それが原因で夫婦間に深い溝を作ってしまうことが良くあるのです。

 

相手の欠点など結婚する前に分かるのでは?

と思われるかもしれませんが、

実際に結婚して生活を共にしてみてから初めて分かることがあるのです。

 

そもそも生まれも育ちも違うので、

夫婦と言えど互いの性格が違うのは当然のこと。

 

つまり「性格の不一致」という言葉を使ってはいますが、

その中身は実際のところ多岐にわたっていて、

この言葉は非常に便利に使いまわされている、ということなのです。

 

はっきりした理由はないけど、とにかく別れたい

「とにもかくにも離婚したい」と考えている人にとって、

この「性格の不一致」ほど便利な言葉はありません。

 

なぜかというと、離婚理由として

とてももっともらしく聞こえるからです。

 

すでにお伝えしたように、夫婦二人の性格が違うのは当たり前。

生まれも育ちも違う男女が一緒に暮らすのですから、

合わないことが出てくるのはむしろ自然なことです。

 

そこを二人で擦り合わせて独自のルールを作り上げていけばいいのですが、

このルール作りが意外とスムースに行かなくて揉め事になったり、

溝を作ることになったりしがちです。

 

食事の仕方、トイレの使い方など細かいことが気になって、

相手の習慣が死ぬほどイヤに思える方もいるでしょう。

こういったことは一緒に生活してみないとわからないことです。

 

「性格の不一致」の様々な内容

具体的に「性格の不一致」とは何を指すのでしょう?

  • 生活習慣の違い
  • 金銭感覚の不一致
  • 趣味の不一致
  • 育児や両親など家族への考え方の不一致
  • 性生活の不一致
  • 生活や将来設計に対する考え方の不一致  などなど

本当に様々です。

「性格の不一致」とは言っても、実際に不一致なのは

性格面での不一致というより、

夫婦間における考え方や生活習慣、

価値観の不一致と置き換えたほうががわかりやすいですね。

 

つまり「性格の不一致」とは法律用語ではなく、とても広い意味を持つ表現。

個人の感じ方によってもその内容は違ってきます。

 

たとえば、相手の食べ方や話し方が気に入らないだけで

「性格が合わない」と感じる人もいれば、

相手とまったく話がかみ合っていなくても何も感じない人もいます。

 

もちろん、夫婦間でもとらえ方は異なります。

 

夫婦とはこんなものだ、違うところがあって当たり前と思えているうちはいいのですが、

お互いが性格の不一致に居心地の悪さを感じている場合や、

一方が性格の不一致によって日々苦痛を感じるようになる場合などには、

それが離婚につながるのです。

 

このように、

性格の不一致とは、一般的に「どちらが悪い」というものでもなく、

お互いの生活状況や考え方、性格などが合わないので、

夫婦が居心地悪く感じる状態全般をいう

と理解しておくとイメージしやすいですね。

 

性格の不一致で離婚しないためにすべきこと

弁護士などの専門家が判断する

「性格が合わない」という理由で離婚を認める基準は、

婚姻関係がすでに破綻していて、

将来に渡って修復の可能性がないという状態です。

 

ということは、修復の可能性がある夫婦には

この理由での離婚は成立しにくいのです。

 

もっと言えば、あなたが離婚届を書かない限り離婚に至りませんし、

心配なら「離婚届不受理申し出」を役所に提出いておけばいいのです。

 

ただ、相手が家を出て行って別居期間が3年以上たつと

離婚事由に相当してくる可能性があるため、

できるだけ別居は避けるようにしましょう。

 

そして、夫の希望すること、主張することをよく聞いて観察して、

夫の本音、離婚したい真相を探りましょう。

 

というのも「性格の不一致」を持ち出すときというのは

浮気が原因のことがままあるからです。

 

正面切って「好きな人ができたから別れてほしい」

と切り出せないため、便利な言葉をもっともらしく

使っているのかもしれないのです。

 

本来、有責配偶者からは離婚請求はできない、

つまり浮気をしている夫からは離婚の請求はできないので、

あなたが腰を据えて臨めば

夫の方から離婚話を取り下げる可能性もあるわけです。

ここは慌てず騒がずどんと構えていましょう!

 

ちなみに…!

もし、別れ話が進んだとして

このケースの慰謝料の目安もお伝えしますね。

 

一概にいくらですとは言いにくいのですが

一般論をご紹介します。

 

離婚の慰謝料には2種類あり、

「離婚すること自体への慰謝料」と、

「離婚原因を作ったことに対する慰謝料」の2種類があります。

婚姻年数や子供有無などによっても金額は変動します。

 

相場としては0円〜50万円というところです。

 

「性格の不一致で慰謝料請求をしたい」という方も多いですが、

離婚理由が性格の不一致だけでは

基本的には慰謝料の支払いが認められることはありません。

 

しかし、「性格の不一致が原因で夫婦関係が壊れてしまい、

配偶者が不貞行為に至った」などの理由があれば、

慰謝料の請求は可能になるでしょう。

 

つまり、不貞行為などの夫婦関係を壊すほどの「不法行為」があり、

それが性格の不一致を発端とするものであれば、

50万円前後の慰謝料は請求できるかもしれません。

 

まとめ

「性格の不一致」を理由とした離婚をしたくないあなたが

話を切り出された後で必ずするべき事をまとめましょう。

 

まず離婚届を書かないこと、

そして心配ならば「離婚届不受理申請申し出」を提出すること、

夫との交渉を慌てないこと、

時間をかけて相手の真意を探ること、

離婚したくないと言う姿勢を夫に示すこと。

 

そして、ここまでしたら後は淡々と日常生活を送りましょう。

時間が解決してくれる側面もあるかもしれません。

自分の心身を整えて淡々と日常生活を送ることを心がけてください。

運から何からいろんなものを味方につけて頑張りましょうね。

 

応援しています。

 

【大前提】夫と女を別れさせたい!「探偵」「別れさせ屋」「弁護士」それとも?

 

(よろしければランキングへの応援よろしくお願いいたします!)

<ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング





お問い合わせ

Pocket

ABOUT ME
アバター
マダムS
結婚して10数年、いろいろなことがありました。結婚生活って大変なことがあるものなのだと実感しています。 そして、別居や離婚した友人も一人や二人ではありません。交友関係の広さから相談に乗ること多数。夫婦の在り方に自分自身も思うことあり、です。 結婚生活はおとぎの国のものではなく、夫婦双方の努力が絶対に必要。 何を選択しどう生きていくのか、幅広い人脈から得たことも含め女性の多様な生き方を応援していきたいと思っています。 女性の笑顔は世の宝! 一人でも多くの女性が笑顔でいられるよう、励まし続けていきます!