離婚したくないあなたへ
あなたの幸せのため、妻として女として生きるベストな道を!
あなたの気持ち

夫から離婚したいと言われた!専業主婦への離婚宣告、さあ、どうする?

Pocket

夫から急に「離婚したい」と言われて気が動転しているあなた!

専業主婦ならなおのこと心配の種が付きませんね。お子さんがいる方はさらに悩みが深いことでしょう。

離婚するにしてもしないにしても、今が夫婦の危機であることに間違いはない。

 

それならば、どう転んでもいいように離婚するとどうなるかを検証していきましょう

そして急に浮上してきた離婚問題にどう対処するかを決めていきましょう。離婚したいのか、離婚を回避して復縁したいのか、自分の気持ちにも正直に向きあいましょう。

 

今はつらくても、あなたの人生をあなたが決めるのです。

コントロールできない夫からの一方的な離婚宣告を今後コントロールするのはほかの誰でもない、あなたなのです。

 

参考記事:旦那から離婚宣告を切り出されたら?あなたが返すべき言葉はこれ!

 

専業主婦が離婚するリスク

専業主婦が離婚したとすると、主に以下のようなリスクが考えられます。

  • 生活費をどうするのか
  • 社会復帰はできるのか
  • 子供への影響はどうか
  • 住む場所を確保できるのか

これを一つずつ詳しく見ていきましょう。

離婚した後の生活費をどうするのか

現在専業主婦をしていて自分の収入がない場合、離婚となると一番に頭によぎるのは金銭的な心配かもしれませんね。

毎月の生活費はどうしよう、慰謝料や養育費はいくらもらえるのかしら、夫が勝手に払わなくなることがあったらどうしよう…。

考え出すと次から次へと心配事が浮かんでくることでしょう。

 

でも、金銭的な心配だけで離婚したくないのでしょうか?

あなたにとって夫とは生活費の心配がないから一緒に暮らしてきただけの相手なのでしょうか?

 

生活の基盤が揺らぎかけているので、今は冷静な判断が難しいかもしれませんが、自分の心に正直に向きあってみましょう。答えはあなたの中にあり、あなたしか遂行できないのですから。

 

専業主婦からの社会復帰はできるのか

夫からの離婚宣告を機に、仕事を持とうと社会復帰を考える方もいることでしょう。

これはこの先離婚するしないにかかわらず、自分の収入を持つことで精神的自立の下地作りにもなるため、あなたにとってとても自信につながります。

 

独身時代の仕事へそのまま戻るのか、新たなことに挑戦するのか。

仕事からのブランクは少ない方がいいだろうし、年齢も若い方が復帰しやすいのではないか。考え出すと不利なことや心配なことばかり浮かんでくるかもしれません。

 

でも、何事も本人が諦めては始まりません。

これから先、いくらお金が必要なのか、そのために自分にできる仕事にはどんなものがあるのか、いろいろと調べてみましょう。

友人知人の力を借りるのもいいかもしれません。

アンテナを張っていれば予想もつかないいい仕事の話が舞い込むかもしれません。まずは行動してみましょう!

 

離婚したら子供への影響が心配

お子さんがいる方は子供への影響を考えて離婚したくないと考える側面もあるでしょう。

父親のいない生活、名字が変わったり住まいが変わったりするかもしれない。母親が勤めに出ることで寂しい思いをさせるかもしれない。

子は鎹(かすがい)という言葉がある通り、子供のために離婚は選択しない、という考え方もあるでしょう。

離婚を切り出した夫の説得材料に子供のことを持ち出したくもなるでしょう。

親として子供を守りたいと思うのは至極当然の発想です。大事な子供への影響は極力避けたい。

でも、ここはまずあなたと夫の二人の問題であることを忘れないでください。

いがみ合う両親のもとで暮らすことが果たして幸せなのかどうか。簡単に結論が出る問題ではありません。

子供のことだけを理由に離婚を回避したとして、子供が独立した後の夫婦関係はいったいどうなるのか?様々な側面からじっくり自分たちのケースについて考えてみましょう。

 

離婚後の住む場所はどうなるのか

離婚するとなると、今まで通り同居したまま離婚ということはまずないことなわけで、あなたか夫が家を出ていく、あるいは両方で引っ越す、ということが起こり得ます。

その際に家賃の支払いなどに問題がないのかどうか。

この点がしっかりしていないと、子供を引き受けるわけにはいきません。

夫が払うのかあなたが払うことになるのか、これは別れるとなったら絶対外せない検討項目です。

どこでどう暮らすのか、住まいへの心配も解消しておきましょう。

 

まとめ

今まで何の疑問も持たずに暮らしてきたことが、実はとても恵まれていたのだと気づく人もいれば、こんな現状からはこちらから離婚を切りだしたいくらいだとの思いを新たにした人もいるでしょう。

いろいろと心配事を取り上げはしましたが、夫婦には「生活保持義務」というものがあります。これは夫婦が互いに今までと同レベルの生活ができるように互いが背負う義務です。

 

この義務があるので、生活費の請求を夫にすることは専業主婦であるあなたにとって何の問題もなく請求できるものです。

ですので、お金の心配をせずに、そのうえで気になることについて考えていくことが最も離婚問題では重要といえます。

その点についてはまた別の記事で掘り下げる事と致しましょう。

 

参考記事:夫に女としての魅力がないからもう無理と言われたあなたにできること!

 

(よろしければランキングへの応援よろしくお願いいたします!)

<ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング






お問い合わせ

 

 

Pocket

ABOUT ME
アバター
マダムS
結婚して10数年、いろいろなことがありました。結婚生活って大変なことがあるものなのだと実感しています。 そして、別居や離婚した友人も一人や二人ではありません。交友関係の広さから相談に乗ること多数。夫婦の在り方に自分自身も思うことあり、です。 結婚生活はおとぎの国のものではなく、夫婦双方の努力が絶対に必要。 何を選択しどう生きていくのか、幅広い人脈から得たことも含め女性の多様な生き方を応援していきたいと思っています。 女性の笑顔は世の宝! 一人でも多くの女性が笑顔でいられるよう、励まし続けていきます!