離婚したくないあなたへ
あなたの幸せのため、妻として女として生きるベストな道を!
あなたの気持ち

夫と離婚したくない妻がやってはいけない7つのNG

Pocket

あなたは今、どんな気持ちでこれを読んでいるのでしょう?夫から別れを切り出されそうで不安ですか?それとももう別れを切り出されてしまったでしょうか?

あなたにその気がなくても夫は一方的に「別れたい」と言う。もしそんな事態に陥っているとしたら、別れたくないあなたが絶対にやってはいけないことが7つあります。

 

え、7つも?と思うかもしれませんが、どれも夫婦関係を維持するためには大切なこと。大きい問題だからこそ、きちんとした対処が必要です。

 

参考記事:旦那から離婚宣告を切り出されたら?あなたが返すべき言葉はこれ!

 

離婚したくないあなたがやってはいけない7つのNG

離婚届けは絶対に記入しない

夫は別れたい一心で、様々な理由をつけてあなたに離婚届けを記入するよう迫ってくるかもしれません。いかにももっともらしいことを言われると、書くだけ書いておくべきかしらという気になるかもしれませんが、あなたに離婚の意思がない場合には絶対記入してはいけません。

 

万が一、うっかり夫の勢いに負けて書いてしまったという方がいたら、すぐに「離婚届けの不受理申し出」を提出しましょう!あなたの意思が整わないうちに勝手に離婚届けが提出されたとしてもお役所で受理されない状態を作りましょう。

 

別居はしない

次に考えられる事態は、夫から別居を申し出てくることが想定できます。あなたに断りなく出て行ってしまっては引き留めようがないですが、少なくともあなたは家を出てはいけません。今後の話し合いがしにくくなるからです。

 

コミュニケーションをとることが今までより困難になることが想定できるため別居はできるだけ避けることです。

そして、あくまであなたは結婚を継続したいのだという姿勢を貫きましょう!

 

子供を理由にしない

子はかすがいという言葉がある通り、子供がいることで別れを免れた、というご夫婦の話を耳にしたことがあるかもしれませんが、これもケースバイケース、必ずしも有効な手段とは一概に言えません。

今は夫婦の危機!

お子さんを引き合いに出すのではなく、あくまで夫婦二人の間の問題としてとらえましょう。

子供を引き合いに出して感情に訴えたくなるかもしれませんが、今はぐっとこらえて。

 

別れたい一心の夫にはかえって逆効果なんです。

子供を盾にするのは卑怯だと、態度が硬化する可能性があるからです。

状況が少し落ち着いてから触れるべき話題なので、別れ話が出た直後にお子さんのことを理由に思いとどまるような説得は逆効果になる可能性あり、と覚えておいてください。

 

原因を問い詰めない

こんな理不尽なことを言われてるのに、原因を問い詰めちゃいけないの?という声が聞こえてきそうですが、これも絶対にしていけません。

どんな理由があるにしても、別れを切り出した直後というのは取り繕ったり、嘘をつく可能性もあります。

 

尋問のように問い詰めては心を閉ざしてしまいかねません。そうなってしまうと、今後の話し合いに支障をきたす可能性があるのです。

まずはつらいですが、夫が別れたがっている、という事実にフォーカスしましょう!

 

落ち着いて、穏やかに話し合えるようになってから原因は夫の方から言い出すかもしれません。

なぜ?と問い詰めたい気持ちは一旦ぐっとこらえるようにした方が賢明と言えます。

 

夫の人格を全否定するようなことは言わない

「永遠の愛を誓って、共に白髪になるまで生涯を共にしようと思っていたのに、なんてひどいことを言い出すんだろう!」

突然別れを切り出されたあなたのお腹の中は、煮えくり返っていることでしょう。だからと言って夫の人格を頭から否定するような暴言を吐いては絶対にいけません。なぜなら一度発した言葉は二度と取り消せないから。

 

あなたの心ない言葉は夫の心にいつまでも残り、夫婦関係の修復の邪魔になります。言いたいことは山ほどあるでしょうが、頭に血が上った状態で今後の話をするには無理があります。売り言葉に買い言葉となっては元に戻れるものも戻れなくなってしまう。

 

だから、夫の人格を全否定するような暴言を吐いてはいけません。

 

暴力を振るわない

暴力なんて振るわないわ、と思う妻は多いと思いますが、夫に手を挙げることだけが暴力ではありません。怒りに任せてそばにあるコップを投げつけたり、ドアをバタンと閉めたり、家具を蹴飛ばしたりして八つ当たりするのも暴力のうちです。

なぜって、これは威嚇のように相手に受け止められますからね。そして、怒りに任せて乱暴にふるまう妻を見て、夫がどう思うか想像してみてください。

 

「俺のせいでかわいそうに・・・」と思うでしょうか?

「腹立ちまぎれにこんな振る舞いをする女だったのか・・・!」こう思う可能性の方が大きいとは思いませんか?

 

どうしようもない怒りを物にぶつけたい気持ち、あるいは夫に殴り掛かりたくなる気持ち、湧いてくるのは仕方のないこととも言えます。まだ夫のことが大好きで別れるなんて考えられないと思っているからこそのこんな振る舞いも、離婚を切り出した夫には冷める原因を増やすだけのこと。

心のままに乱暴に振舞って夫を幻滅させるのは得策とは言えません。イライラは夫の前で解消せず、ほかで解消することを考えましょう!

 

ただただ離婚を拒否し続ける

絶対離婚したくないという思いがあると、この話題には絶対乗らない、何をどう切り出されても拒否し続ける!とかたくなな気持ちになるかもしれません。でも、あなたがそのような硬い態度の望むと、まるで鏡を見るかのように夫の態度もどんどん硬化していきます。

 

これでは話し合って説得するという道を自ら閉ざすようなもの。

 

つらい話題ではあります、避けて通りたい話題とも言えます。でも、この問題を解決出来るのはあなた自身なのです。話し合いの可能性をつぶすようなことはしないよう、心がける必要があります。

 

まとめ

つらく苦しい思いをしていても、この状況を乗り切るにはあなたが夫と話し合うことが一番の解決策です。心が揺れて、悲しくて、腹が立って、胃が痛い思いをしていることでしょう。

でも、諦めてはいけません。夫婦生活を続けていきたいあなたは前を向いて、やってはいけないことやるべきことを冷静に進めていかなければなりません。

深呼吸をして、あなたの願う未来への一歩を踏み出しましょう。

それがどんなにつらい一歩でも、その前進があなたの未来を創るのです。

 

 

(よろしければランキングへの応援よろしくお願いいたします!)

<ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

お問い合わせ

 

 

 

Pocket

ABOUT ME
アバター
マダムS
結婚して10数年、いろいろなことがありました。結婚生活って大変なことがあるものなのだと実感しています。 そして、別居や離婚した友人も一人や二人ではありません。交友関係の広さから相談に乗ること多数。夫婦の在り方に自分自身も思うことあり、です。 結婚生活はおとぎの国のものではなく、夫婦双方の努力が絶対に必要。 何を選択しどう生きていくのか、幅広い人脈から得たことも含め女性の多様な生き方を応援していきたいと思っています。 女性の笑顔は世の宝! 一人でも多くの女性が笑顔でいられるよう、励まし続けていきます!