離婚したくないあなたへ
あなたの幸せのため、妻として女として生きるベストな道を!
その他

夫が毎月離婚したくなるのは妻のひどい生理痛が原因?PMS離婚ってあり?

Pocket

あなたはPMS、そしてPMDDという言葉を聞いたことがありますか?

そして、これらが原因で夫が離婚したくなる、中には実際別れたご夫婦もいるということをご存知ですか?

夫婦の危機を招く恐れのあるPMSそしてPMDDとの付き合い方をおろそかにすべきではないようですよ。

 

参考記事:旦那から離婚宣告を切り出されたら?あなたが返すべき言葉はこれ!

 

PMSとは何か?

PMSとは月経前症候群(premenstrual syndrome)のこと。

生理の前、つまり月経の前に3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状のこと。

月経が始まると軽くなるか症状がころッとなくなるのが特徴です。

具体的な症状としては、

精神的症状 : 不安定、イライラ、抑うつ、不安、感情の起伏が激しくなる、ヒステリックになる、気分が落ち込む、集中力の低下、無気力感、睡眠障害(眠気や不眠)、自律神経症状としてのぼせ、倦怠感など

身体的症状 : 腹痛、頭痛、腰痛、むくみ、お腹の張り、乳房の張り、眠気、めまい、にきび・吹き出物・肌荒れが起こる、だるい、食欲不振または食欲が増進、吐き気、便秘、肩こりなど

沢山ありますが、これらが主な症状としてあげられます。

症状の出方や強さは個人差がありますし、上記の症状がすべて出るというわけでもありません。

日本産婦人科学会によると、日本では月経のある女性の約70~80%が月経前に何らかの症状があります。

その中で生活に困難を感じるほど強いPMSを示す女性の割合は5.4%程度と言われています。

 

PMDDの可能性もある

PMDDとは月経前不快気分障害(Premenstrual dysphoric disorder) といって、前述のPMSよりも精神的な症状の重たいものを指し、精神疾患として2013年に認定された病気の一つです。

月経前になるとなにしろ感情が不安定になり、うつ病や双極性障害と間違われるほど精神的に重い症状がみられるのです。

日常生活が全く送れないほど深刻な状態になる人が、生理がある女性の1~8%ほどで、この1~8%の女性がPMSsではなくPMDDと考えられます。

具体的な症状は、

著しく感情が不安定、著しい怒り、人間関係の摩擦、抑うつ気分、絶望感、自己批判的思考、著しい不安など自制が困難な症状 など

これらの症状が認められると、婦人科での治療だけでは難しく、心療内科やメンタルクリニックなどを受診し、適切な治療を受けたほうがいい状態です。

 

このPMDDを発症すると自分でコントロールが効かなくなるため夫にきつく当たるばかりか、時には子どもを虐待したりすることもあります。

その結果、夫婦関係が悪化して離婚に至るケースも珍しくありません。

 

参考記事:PMSよりひどいPMDDって?夫が離婚したくなるほどの症状をどうする?

 

妻の状態

生理前はいつもと体や心の状態が違う、という状態はほとんどの女性が感じること

ただその出方が人によって大きく違い、痛み止めなど飲まなくてもやり過ごせる人もいれば、周囲が気づくほど普段と様子が変わる人もいます。

 

当の本人たちもつい周りに当たってしまったり、やる気が出なくて困っていたり、なんとかしなければと思っていることがほとんど。

周囲の理解も得にくいため「サボってるの?」「甘えてるだけ?」と言われがち。

 

特にご主人の理解が得られないとつらい思いをします。

女性も現状を変えるべく体質を変えるための手立てなどを考えるべきですが、それを支えてくれる人がいるかいないか、ということもとても大事なことです。

 

PMSは一般的に20~30代女性に多く見られ、生理周期も卵巣機能も正常な人に起こります。

生活に差し支えるほどつらいときは、症状を和らげるための治療がいろいろありますので、我慢しないで、婦人科で一度相談してみましょう。

 

夫の心理

月経のない男性には身をもって月経痛やPMSの辛さを経験することはできませんが、どうか妻の訴えや医師の診断には耳を貸してください。

 

そして1週間から10日ほど、妻がつらい間は大目に見る余裕があると妻も精神的に追い詰められずに済みます。

 

わからなかいからと頭ごなしに批判したり、妻を心配するどころか家事も手伝わず、体調を思いやることもなく、ということが続くと妻の方でもあなたを頼らなくなり、間に亀裂が入るきっかけになってしまいます。

 

体感できないことではあっても、どうかご夫婦で寄り添って解決の道を探ってほしいと思います。

 

PMS対策としてできること

薬に頼らない治療法

まず、日常生活を見直すことで症状が軽くなることがあります。

傾向を知るために基礎体温や症状を日記につけて病状を把握しましょう。

パターンがあることが見えてくるでしょうから、対処がしやすくなります。

 

自分のPMSの出る時期や症状の程度が把握できれば、その周期に合わせて気分転換やリラックスする時間をつくったり、自分が心地良いと思えるようなセルフケアをしてやり過ごすことができるようになってきます。

 

セルフケアとは、例えばアロマオイルの活用などです。

婦人科系に効果があるとされているクラリセージやゼラニウムなどを嗅いだり、腹部や足裏に塗ることで緩和されることもあります。

あなたに合う自然なセルフケアが見つかるといいですね。

 

また、食べ物やサプリのアプローチも有効。

カルシウムやマグネシウムを積極的に摂取し、カフェイン、アルコール、喫煙は控えたほうがよく、症状が重い時には、仕事などのストレスを減らすことが効果のあることもあります。

 

また生理用ナプキンを見直すことも体を守ることに繋がります。

漏れにくくて優秀な日本の生理用ナプキン、実は水分を閉じ込める成分が体を冷やすことがわかっています。

 

この冷えからくるトラブルの一つがPMSでもあるのです。直に肌につけるものであり、敏感な粘膜に近いところですので、想像以上にナイーブなのです。

そこで、ノンポリマータイプのオーガニックコットンナプキンを楽天市場で購入したり、布ナプキン【安心保障付き】おためし3日間セットに変えてみるのもお勧めですよ。

 

今なら安心保障30日サービスがついていますので、安心して試せるチャンスです。

地球にも体にも優しい布ナプキンを是非試してみませんか?

 

薬による治療法

上記の生活習慣の見直しで改善が見られないときには薬を使っての治療を考えてみましょう。以下、日本産婦人科学会の推奨する治療法(以下、一部引用)です。

  1. 排卵抑制療法(排卵を抑える治療法)
    排卵が起こり女性ホルモンの大きな変動があることがそもそもの原因なので、排卵を止め女性ホルモンの変動をなくすことで症状が軽快します。
    低用量経口避妊薬(OC、低用量ピル)や低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP)は少ないホルモン量で排卵を止めます。
    これらの薬は副作用が少なく、服用している期間だけ一時的に排卵を止めるものなので、服用を止めるとすぐに排卵が回復します。その後の妊娠には影響を与えません。
  2. 症状に対する治療法
    痛みに対しては鎮痛剤、むくみなどの水分貯留症状に対しては利尿剤や抗アルドステロン療法(尿量を増やす治療法)、精神神経症状や自律神経症状に対しては精神安定剤や選択的セロトニン再取り込み阻害薬物療法(脳内の活性物質セロトニンを維持する治療法)を使用します。
  3. 漢方療法
    個人の証(症状や体質)に合わせて、漢方薬を使用します。
    当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遥散、桃核承気湯、女神散、抑肝散などがよく選択されています。

 

PMSが原因の離婚もあり得る

「この辛さな男にはわからないでしょ」と夫に当たることがあるとしたら、あなたも離婚予備軍かもしれません。

 

特にご主人が優しい場合、いくら優しいからといって家事を任せっぱなしにしたり、腰を揉ませ続けたり、生理期間中、女王様のような振る舞いになっていませんか。

 

いくら症状がつらいからといって何もかも夫に押し付けることが毎月のこととなると、夫の方も辛くなってきます。

 

きちんと治療に取り組んでいますか?自分のできることには取り組んで症状の改善を目指していかないと、夫に愛想をつかされてしまう恐れだってあるのです。

生理なんだからしょうがない、と開き直らず、あなたの辛い症状の陰で知らず知らずご主人を傷つけている可能性があることにも配慮をしてみてくださいね。

 

治療に取りかかってもすぐには症状が改善しないかもしれません。試したことに効果が感じられないと気持ちが萎えますよね。

でも、それはたまたまあなたに合わなかっただけ。ほかの方法を試してみましょう。

あなた自身もあなたの周りの人もあなたの症状が和らぐことで今よりハッピーになれると信じて、ご自分の体調に向き合ってみることをお勧めします。

 

まとめ

【実話】

私自身は生理痛もさほどひどくなく、PMSというほどの症状が出たことがないのですが、友人夫妻に妻のPMSがひどくてつらい、と言っているご夫婦が3組います。

 

その中には、奥様の状態があまりにひどくて、思わずGoogleで「PMS 離婚」と検索してしまったというご主人もいるほど。

つまりPMSは女性もつらいが、パートナーの男性もつらいんです。

 

この3組のうちの2組は純度の高いメディカルグレードのエッセンシャルオイルを生活に取り入れたことで妻の症状が落ち着き、今現在はこの上なく夫婦仲のいい状態でお過ごしです。

ご主人達は、妻がこのオイルを試してくれて本当に助かった、救われたと心底おっしゃっています。

もう1組のご家庭は、ご主人にこのエッセンシャルオイルのことをご紹介したのですが、男性としては薬でもないもので症状が改善するものかと試す価値を見いだせず、このオイルに取り組まれていらっしゃいません。

結果、今でも毎月一度、ご主人とお子さんとで奥様の顔色をうかがいながら、びくびくと過ごす日々を送られています。

 

自然療法でも医師の処方薬でも漢方薬でも、ぜひ症状の改善のために一歩を踏み出されますよう、そして離婚の危機から脱せますよう、願って止みません。

 

前述のメディカルグレードのエッセンシャルオイルに関しては奥が深いものであるため、こちらでは詳細な説明は割愛いたします。

ご興味のある方はぜひ下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。詳しくご案内させていただきます。

 

参考記事:【大前提】夫と女を別れさせたい!「探偵」「別れさせ屋」「弁護士」それとも?

 

(よろしければランキングへの応援よろしくお願いいたします!)

<ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング





お問い合わせ

Pocket

ABOUT ME
アバター
マダムS
結婚して10数年、いろいろなことがありました。結婚生活って大変なことがあるものなのだと実感しています。 そして、別居や離婚した友人も一人や二人ではありません。交友関係の広さから相談に乗ること多数。夫婦の在り方に自分自身も思うことあり、です。 結婚生活はおとぎの国のものではなく、夫婦双方の努力が絶対に必要。 何を選択しどう生きていくのか、幅広い人脈から得たことも含め女性の多様な生き方を応援していきたいと思っています。 女性の笑顔は世の宝! 一人でも多くの女性が笑顔でいられるよう、励まし続けていきます!