離婚したくないあなたへ
あなたの幸せのため、妻として女として生きるベストな道を!
あなたの気持ち

離婚寸前!?やり直したいあなたが復縁へ向けてするべきこととは?

Pocket

夫の態度がおかしい、夫婦仲が冷え込んでいるような気はするけれど、まさか最悪の事態=離婚寸前ととらえるべきなのかしら?

そんな不安な気持ちに陥っていませんか?

 

こういう女の勘は当たらずとも遠からず、の可能性が大きいと思われます。

あなたはなぜ夫の態度から「離婚寸前?」と思ったのでしょう?日頃のやり取り、自分の言動、それに対する夫の反応など、恐らくいろいろな観点から危機を察知したのでしょう。

 

そんな夫の態度に対して危機感を覚えるということは、あなたは別れたくない、離婚は避けたいと思っているのでしょう。

その前提で、どうしたらやり直せるのか復縁できるのかと考えていきましょう。

 

参考記事:旦那から離婚宣告を切り出されたら?あなたが返すべき言葉はこれ!

 

離婚寸前!?復縁へ向けての確認事項

夫と話し合える状態ですか?

あなたが離婚の危機を察知するくらいですから、ご主人との仲はもしかしたらすでにぎくしゃくしているかもしれませんね。

例えぎくしゃくしていても、話ができる状態ならば修復の可能性はまだまだ残されています

 

あなたが何かご主人の逆鱗に触れるようなことをしてしまって口も聞いてくれない状態だとすると、ほんの一言でもいいので言葉を交わせる状態まで何とか回復したいもの。

 

口頭での話が無理なら筆談でもメールやラインで構いません。

とにかく少しずつでいいので話ができる状態にしておきましょう。

それがどんなに短いやり取りでもけんか腰でも構いません。

 

意思の伝達が全くできなくなると交渉ができなくなるので、何とか直接やり取りできる手段は維持するように。

これが修復への最低限の条件です。

 

離婚へ向けての夫の計画の進み具合は?

離婚を切り出してきた夫の本気度をどこで測るか?

表情や言葉そのもの、口調なども参考になりますが、一番判断しやすいのは離婚へ向けて夫がどこまで具体的に考えているか、という点が一番の判断基準になります。

 

離婚後の生活のことや離婚へ向けての手続きのことなどがぼんやりしているのであれば、「離婚」というショッキングな言葉を出すことで、あなたへの反省を促していたり、夫婦関係を何とかしたいという思いの表れである可能性が大きいのです。

 

「離婚」という言葉のインパクトに、さすがに動揺するとは思いますが、もしまだ具体的なことを考えている様子がなければ、ここは慌てずに時間をかけて話し合って関係改善をするという姿勢で取り組んでまず大丈夫な状態といえます。

 

一方、いつどういう条件で別れたいなどと、離婚に向けて具体的に考えている様子が見て取れる場合は要注意!

夫の真剣度はかなり高いとみるべきで、修復へ向けての道のりはかなり険しいものと覚悟すると同時にスピードを重視することと作戦を間違えず慎重に対応するべきです。

 

相手の感情を逆なでするようなことは避けたいですし、念のためにまず「離婚届不受理申し出」を役所にすぐに提出することをお勧めします

あなたが離婚に同意をして離婚届を書かない限り、離婚は成立しないのですが、何が起こるか予測不能な現状をとらえ、安心して交渉を進める前提としてこの申し出を済ませておくことを推奨します。

 

周囲の人はどちらの味方?

あなたたち夫婦が危機的状況にあると知った時、周囲の方はどちらの味方につくと思われますか?

なるべく自分のために夫を説得してくれるような方が多いと有利ですよ。

親、兄弟、友人、同僚など、子供を理由にしてもいいので別れるべきではないという説得を夫にしれくれそうな人の顔がいくつ浮かぶか、これは今後の展開に大きく影響する可能性があります。

 

とはいえ、まずは夫婦二人で話すのが基本です。

二人の話し合いで解決できるのが一番なのですが、感情的になったり、話が停滞してきたときの第三者の意見というのも大事になってきます。

 

なるべく周囲の人を巻き込みたくないというのは、恐らく双方で思うことでしょうから、親に相談してみようかとあなたが言うことで、夫が頭を冷やすきっかけになるかもしれません

実情を話すのはうんと先でも、二人の間で誰かに相談しようかという話をするのは、もしかしたらいい刺激になるかもしれませんね。

 

子どもがいる場合の対処について

子どもがいるいないにかかわらず、一番大事なのは夫婦二人の関係性です。

とはいえ、夫婦仲がぎくしゃくしているとどうしても子供にも影響は多少なりとも及ぶもの。

まったく子供のことを考えずに話を進めるわけにはいきませんね。

 

うんと小さいとか成人しているというのならまた話は違ってくるかもしれませんが、親のもめ事を感じて傷つかない子はいません。

親の責任として子供を気遣い、その結果、離婚や別居を回避できるのであればそれはそれで話し合うべき事柄です。

 

子どもを理由に思いとどまった仲ということは、子供が独立した後にまた同じような問題が起きる可能性もありますし、揉め事は収まっているかもしれません。

先のことはわかりませんが、今考えられるすべての問題点を互いにつぶしていけるといいですね。

 

まとめ

夫が離婚を切り出してきそう、と少しでも思い、離婚は避けたいと思うのであれば1日でも早く関係改善へ向けて動き出すべきです。

夫を観察して状況の把握に努め、できるところから手を打ちましょう。

 

あなたの望まない未来を呼び込むことのないよう、早め早めに手を打てばきっと効果があります。応援しています!

 

(よろしければランキングへの応援よろしくお願いいたします!)

<ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング





お問い合わせ

Pocket

ABOUT ME
アバター
マダムS
結婚して10数年、いろいろなことがありました。結婚生活って大変なことがあるものなのだと実感しています。 そして、別居や離婚した友人も一人や二人ではありません。交友関係の広さから相談に乗ること多数。夫婦の在り方に自分自身も思うことあり、です。 結婚生活はおとぎの国のものではなく、夫婦双方の努力が絶対に必要。 何を選択しどう生きていくのか、幅広い人脈から得たことも含め女性の多様な生き方を応援していきたいと思っています。 女性の笑顔は世の宝! 一人でも多くの女性が笑顔でいられるよう、励まし続けていきます!