離婚したくないあなたへ
あなたの幸せのため、妻として女として生きるベストな道を!
あなたの気持ち

専業主婦が離婚しない理由とは?離婚したいと言われた時はどうする?

Pocket

「死が二人を分かつまで」そう誓って歩み始めた結婚生活なのに、まさか自分が離婚について考えることになるとは。

そう思っている妻へ向けて離婚するしない、ということをどうとらえて、どう判断すればいいのかの道しるべになるようなお話をしていきます。

 

離婚の危機に直面しているあなたも、これから直面しそうな予感がしているあなたも是非考えてみて下さい。備えあれば憂いなし、ですよ!

 

そして、離婚をするしないということよりも大切なことがあります。それさえ忘れなければ何が起きても大丈夫ですよ。

 

参考記事:旦那から離婚宣告を切り出されたら?あなたが返すべき言葉はこれ!

 

専業主婦が離婚しない理由

専業主婦の社会的立場から離婚したくない

離婚するにあたって専業主婦であることと共働きの主婦であることにどれほどの違いがあるのか、あなたにはイメージできますか?

おなじ「妻」の立場ではありますが、これが離婚となると、同じというわけにはいきません。

 

慰謝料や養育費、月々の生活費を夫が必ず負担してくれるのならいいですが、実はこの点を充てにしない方がいいということをまず頭に置いておいてください。

 

慰謝料というのは夫に不法行為があった場合に認められるものなので、離婚すれば必ずもらえるものでありません。

その対象となる不法行為とは浮気や暴力(家庭内暴力や言葉にる漏らるハラスメントなど)のことであり、離婚する人全員に必ず当てはまるものではありません。

 

養育費もお子さんが成人するまでとか大学を卒業するまでなど、期限付きのものであり、途中で滞ることの可能性もあるお金です。

そもそもが、元妻のためのお金ではないことをお忘れなく。

 

離婚するまでにもし別居していたのなら「婚姻費用分担請求」という生活費としての費用請求が可能ですが、これは夫婦として夫に妻を扶養する義務があるから認められる費用であり、離婚となると生活費の面倒をみなくてはいけないという法的な縛りはなくなります。

 

となると、経済的なことを考えて仕事をしようということになりますが、再就職の難しさや子供が小さければ保育園など預け先の確保、という問題が出てきます。

 

つまり、自分の収入があり、働くための生活のベースが出来上がっている共働き世代の妻に比べて、専業主婦である妻が離婚するのは何倍も大変なことと言えるのです。

 

夫のことが好きだから離婚したくない

結婚生活を続けるのはもう無理だと夫が思っていたとしても、あなたには何が原因かわからない、変わらず夫のことは愛しているのに、ということもあるでしょう。

夫がどうとらえていようと好きな人とわざわざ分かれる選択をする妻などいません。

 

ただ、あなたにとっては居心地のいい結婚生活であったとしても夫にはそうでなかったから離婚話が出ている。

そう思うと、何もかも今まで通りでというわけにはいかないですね。

夫がなぜ離婚したいのか、妻のことをどう考えているのか確認しながら折り合えるところを探っていくことになるでしょう。

 

子供がいるから離婚したくない

離婚となると、子供への影響も計り知れません

精神的に不安定になるお子さんもいますし、生活環境を変えなくてはいけなくなる場合もあります。名字が変わるとなるとそれもまたストレスです。

お子さんのために離婚を思いとどまったというご夫婦も多いもの。

 

自分たちの気持ちと子供への影響。単純に天秤にかけて決められるようなことではありませんが、慎重に考えなければいけない点です。

お子さんも大きくなると、「無理な生活を続ける必要はない」と言って、逆に離婚を進めてくるお子さんもいます。

が、まずは今目の前にいるお子さんのことも大事に優先して考えていきましょう。

 

精神的に不安だから離婚したくない

両親のもとを離れて夫と暮らし始めたのが、離婚をすることによって一人暮らしになるとしたら?

寂しくて悲しくてとてもじゃないけれど、そんな一人暮らしは無理だと思う人もいるでしょう。これから年を重ねると体も心配ですし、心細いことばかり浮かぶかもしれません。

 

ただこれは、今一番に優先して心配することではありません。

万が一離婚することになったとしても、いくらでもカバーできることなので、この寂しさのことはあとで手当てしましょう。

大丈夫、いくらでも手立ては取れますよ!

 

面倒くさいから離婚したくない

夫が離婚したいと思っていても、妻の方に離婚の意思がなければ離婚にまつわる何もかもが面倒に思えることでしょう。

だから離婚に応じない、そんな不利益を被る必要はないというのも一つの考え方ではあります。

 

でも、現実的に夫があなたとの生活を終わりにしたいと考えているわけなので、何もかもこのままというわけにもいかないのです。

別れる気がないのであれば改善できるところを提案するべきですし、夫を説得できなければ別れた後のことを考えていかなければいけません。

 

夫婦間の問題ですから、片方が100%悪いということはまずないと思われます。

話し合うことで解決できることから、もうとても修復は無理というレベルまで問題の違いはあるでしょうけれど、まずはご夫婦での話し合いを持つことをお勧めします。

 

夫から離婚したいと言われたら

あなたの思いがどうであれ、夫の方に離婚の意思があるとしたら、話し合いをしていく必要に迫られます。以前の記事で触れてますので、ご参考になさってみてください。

参考記事:旦那から離婚宣告を切り出されたら?あなたが返すべき言葉はこれ!

 

まとめ

専業主婦は自分の仕事や収入がない分、離婚なると大変な側面がありますが、一番大事なのはあなたがあなたらしくいられるかどうかです。

今が幸せでないのなら離婚した先にあなたらしい幸せを見出すべきですし、今が幸せだと思うのならば夫との話し合いの中で折り合うところを模索していくべきです。

あなたの幸せは誰にも邪魔する権利はありません。あなたは幸せでいていいのですから、ご自分が一番の応援団として生きる道を確保していきましょう!

 

 

(よろしければランキングへの応援よろしくお願いいたします!)

<ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング





お問い合わせ

Pocket

ABOUT ME
アバター
マダムS
結婚して10数年、いろいろなことがありました。結婚生活って大変なことがあるものなのだと実感しています。 そして、別居や離婚した友人も一人や二人ではありません。交友関係の広さから相談に乗ること多数。夫婦の在り方に自分自身も思うことあり、です。 結婚生活はおとぎの国のものではなく、夫婦双方の努力が絶対に必要。 何を選択しどう生きていくのか、幅広い人脈から得たことも含め女性の多様な生き方を応援していきたいと思っています。 女性の笑顔は世の宝! 一人でも多くの女性が笑顔でいられるよう、励まし続けていきます!