離婚したくないあなたへ
あなたの幸せのため、妻として女として生きるベストな道を!
夫の気持ち

夫からまさかの離婚宣告!夫は一体いつ離婚を決意したのか?

Pocket

「お前とはもうやっていけない」「だから離婚してほしい」

ある日急に夫からの離婚宣告。突然そんなことを言われても、あまりに急過ぎて理解できない…!

一体いつ何が原因で夫は離婚を決意したのか?

 

人間あまりに驚くと思考が停止したり、言葉が出てこなくなったりするものです。

今はショックが大きすぎて何をどうしたらいいか途方に暮れていることでしょう。でも、今後の対策を練るために夫の離婚宣告を分析して、打つ手を考える材料にする必要があります。

大丈夫!あなたの望む未来のために、辛い今を改善するために、やれることを一つずつやっていきましょう!

 

参考記事:旦那から離婚宣告を切り出されたら?あなたが返すべき言葉はこれ!

 

夫はいつ離婚を決意したのか

男性脳、女性脳という言葉があるように、同じ人間ではあっても男性と女性は物事のとらえ方や考え方が全く異なります。

個人差ももちろんありますが、自分と同じつもりでいてはいつまでも異性である相手の気持ちは理解できません。

理解できないからと言って自分の理論を押し付けるだけでは話は息詰まるだけ。

今後持つであろう話し合いの時間のためにも男性脳が結婚生活をどうとらえているのかを見ていきましょう。

 

妻の態度が冷たいとき

夫に対していつも可愛い妻でいられたら、それこそまさに理想の妻。

でも、妻にも日々いろいろなことがあり、いつも上機嫌というわけにもいかず、夫の会話もついついおざなりに、なんていうことも日によってはあるでしょう。

でも、これが続いたら夫はどう思うと思いますか?想像したことありますか?

 

男性は「基本的にマザコン」とよく言われるように、女性に大事にされたい、母性に甘えたい、褒められたい、認めてほしいという欲求を抱えています。

これは母親だけでなく妻に対しても同様です。大人だけど、それでも大事にされて褒められて認めてほしいのです。

妻が自分に注目してくれない、温かい言葉をかけてくれない、笑顔を見せてくれなくなった、こんな風に思えてしまうとき、満たされない気持ちを抱えて「別れたい」と思うことがあるのです。

 

妻に不信感を抱いたとき

生涯をともにと思って結婚した妻に対して、あれ?と疑問に思うことが引き金となって離婚への思いが膨らむこともあります。

例えば、妻が浮気しているのではという疑いや、自分の実家への非難などがきっかけで人間的に信頼できない、という気持ちに陥った時、これから先の人生もこの女と過ごすのか、そこに俺の幸せはあるのかと悩み始めます。

例えそれが夫の思い過ごしや勘違いが発端だとしても、一度胸に抱いた不信感は中々拭い去れないものです。

 

妻に責められたらたとき

家庭はお互いの協力のもとに作り上げるもの、とは言っても夫婦の負担が全く同じかというと、ご主人が大黒柱として一家の収入の大半を担っている、家事は奥様がメインでこなしているというスタイルのご家庭が多いもの。

そのような環境の中で、「稼ぎが少ない」「家事を(育児を)手伝ってくれない」などと、物理的に今すぐどうこうできないことを理不尽な形で攻められたり、ヒステリックに八つ当たりされたりということが続くと、女性の理論展開に理解のない殿方は「別れたい」、という思いが頭をよぎるのです。

人格を否定するような暴言や、物を投げる、手を挙げるなどの暴力行為も夫が冷めていく原因の一つとなり得ます。

 

セックスを拒否されたとき

結婚生活において夫婦の大事なコミュニケーションの一つである夜の「性活」。

お互いの体調やスケジュールを尊重しつつ、二人だけの時間を持つことは結婚後も大切なことです。とはいえ、相手が思う以上に疲れていたり、体調不良だったり、そんな気分になれなかったりでお断りをする日も出てくるでしょう。

そのお断りに止むを得ない背景があったとしても、自分を受け入れてくれないということが一度ならず続くと、何のために一緒に暮らしているのかわからないと夫は思い始めます。

 

特に育児中の女性はホルモンの影響もあって、夫との時間よりも子供のことに気持ちが向くものです。

今日はハグだけでいいと思っていても、ご主人がそれ以上を求めると、気持ちより先に体がNO!ということもある、でもそこが夫は理解できない。自分自身を否定されたような気さえしてくる。

 

だからと言って、後日わざわざセックスへの思いを互いに話題にするのもはばかられる、というところからホックの掛け違えのように気持ちがすれ違い始め、離婚への一歩を進めることにもなりかねないという事態に陥るのです。

 

 

浮気をしたとき

実は離婚調停で一番多い理由は「性格の不一致」なのですが、これは表面上のこと。

実際には夫が浮気をしたことから離婚へ発展することがほとんど、と言ってもいいほど多い理由です。

そして夫が浮気に走った背景には、今まで見てきたような妻の自分への態度から、家庭の外に温もりを求めたということが大いにあると言えるのです。

 

まとめ

夫の心理、その背景を思うと突然ひどいことを言い出した訳がそれなりに見えてきて、自分にも落ち度があったかもと思い当たることが出てきますね。さて、ではこれからどうしよう。

夫の思いを受け入れるのか、もう一度やり直そうと説得するのか。

自分がどうしたいと思っているのかをよく見極めて、自信をもって次への一歩を踏み出せるよう、前向きな未来へ歩み始めましょう!

 

参考記事:夫に女としての魅力がないからもう無理と言われたあなたにできること!

 

 

(よろしければランキングへの応援よろしくお願いいたします!)

<ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング





お問い合わせ

 

Pocket

ABOUT ME
アバター
マダムS
結婚して10数年、いろいろなことがありました。結婚生活って大変なことがあるものなのだと実感しています。 そして、別居や離婚した友人も一人や二人ではありません。交友関係の広さから相談に乗ること多数。夫婦の在り方に自分自身も思うことあり、です。 結婚生活はおとぎの国のものではなく、夫婦双方の努力が絶対に必要。 何を選択しどう生きていくのか、幅広い人脈から得たことも含め女性の多様な生き方を応援していきたいと思っています。 女性の笑顔は世の宝! 一人でも多くの女性が笑顔でいられるよう、励まし続けていきます!